モンステラのお花ノート

のんびりとお届するお花のこと、日々のこと

かわいらしい展示、大好き!  



ギャラリーエークワッドにて「ちいさいおうち」展。
1942年にアメリカで出版された絵本で、その作者であるヴァージニア・リー・バートンさん(1909~1968)の作品がかわいらしく展示されていました。
DSC_0380_convert_20170803235142.jpg

DSC_0396_convert_20170803235210.jpg

絵本作家だけでなく、テキスタイルやグラフィックの世界でも活躍した女性です。
日常の生活から生まれる素朴なデザインがどれも素敵なんです。
「わぁ~💛かわいい~♪」と、ひとり言を言ってしまった。
ミナペルホネンのテキスタイルデザインにも何となく通じる雰囲気です。

それほど大きな会場ではないけど、多くの女性が来場されてました。
場所は、東京の東陽町、竹中工務店本店1階の中にあるギャラリー・エー・クワッドでした。
会期 8月9日まで

category: お出かけ

tb: 0   cm: 0

初めての東京国立近代美術館工芸館  



7月末に、ひさしぶりに東京へ~(#^.^#)
東陽町のギャラリーの次に訪ねたのは、こちらです。
DSC_0419_convert_20170803235519.jpg

古い洋館って、なぜ、こんなに素敵なんでしょう。
展示作品は、伝統工芸展で見かけるようなものから、民芸運動の有名どころ、北大路魯山人まで様々。
2階休憩スペースの重厚な椅子は黒田辰秋。

重要文化財指定の明治洋風建築 (近衛師団司令部庁舎を改修して美術館とした建物です)
「調度 ハッピーのかたち」展 9月3日まで

わたしのハッピーはこちら↓
DSC_0440繧ウ繝斐・_convert_20170803235544

銀座のおいしいロシア料理店「ゴロスキー」で誕生日のお祝いをしてもらいました~💛

category: お出かけ

tb: 0   cm: 0

可憐なツクシイバラ♪  

菫ョ豁」DSC_0189_convert_20170604022254

熊本県球磨川の河川敷一帯に咲く、ツクシイバラ。
ご存知でしょうか?
小さくて、ひとえ咲きのバラ、花びらはハート形、葉は丸みがあり深緑色です。
バラ栽培の土台として野生種のツクシイバラが適していたため盗掘されたり、河川環境の変化に伴い一時は絶滅の危険が高くなっていたそうです。
現在は、住民の方々の保護活動で、年々花が増えています。

先日、保護活動の会(ツクシイバラの会)の会長をされている先輩のお誘いで、球磨郡までお出かけしてきました。
福岡から車で2時間半。
午前11時に球磨川河川敷の広場に着くと、ふわ~とやさしいバラの香りが風とともに漂ってましたよ~。

DSC_0176_syusei_convert_20170604025152.jpg

会場の広場(球磨郡錦町木上駅近く)は、どなたでも見学、散策が出来ます。
私が伺った5月28日は、満開のバラのそばで、ミニコンサートやお茶&おむすびのおもてなしがありました。
おもてなしのお礼に、気持ちばかりの募金。

DSC_0160_convert_20170604022345.jpg

久しぶりに、自然の真ん中で、ゆっくりとした時間を過ごして、心がすっきり、リフレッシュ。
可憐なバラの花と、バラを愛する人たちのやさしい音楽と、ボランティアの方のさりげない心遣いに癒されました。

追記
今年はツクシイバラ公式発見100周年。
ツクシイバラの会は、保護活動のための草かりや、活動を広めるために様々な活動をされてます。
興味がある方は、こちらをポチっとどうぞ。

まだ、バラの花に間に合うかしら。
昔々から咲き続けているバラに逢いに行ってくださいね。

category: お出かけ

tb: 0   cm: 0

4月になってましたね♪  

DSC_0075_a_convert_20170408212608.jpg

あっという間に3月が去っていきました。
新年度スタート、ということで
我が家のパソコンも新しく買いなおして、いろいろと再スタートでございます。

写真のお花は先月のもの、ちょうどミモザが美しかったころのものです。

また、ぼちぼちとアップしますので、お付き合いよろしくお願いします。

DSC_0021_a_convert_20170408203411_20170408203556d28.jpg

はぁ~、それにしても、新しいパソコンに慣れなくて、時間がかかります。
桜も満開したし、そろそろ、春のお花のスィートピーやラナンキュラスはオシマイでしょうか。、

category: お出かけ

tb: 0   cm: 0

暖かな午後の時間に…  



立春が過ぎると、すっかり春の日差しですね。

今年も、本物、伝統的なもの、なんでも気になるものは、直に見て感じよう、と思っています。
気になっていたフィンランド・デザイン展に行ってきました。
今回のお気に入りはエーロ・アールニオの「ボールチェア」(*^_^*)
実際にこの椅子に座れるコーナーがありました。
丸い球形の中に座ると、包み込まれるような超安心感。ずっと座っていたい~。
カンガルーの赤ちゃんってこんな感じでお母さんカンガルーのお腹に入ってるのかな?
欲しいなぁ~。高価そうだし、大きいし、絶対に無理ですけどね(笑)
北欧のデザインは、とても人気がありますね。私も好き!
シンプルでもどこかしら、丸みがあり、暖か味があります。
そうそう、エーロ・アールニオのアトリエがいい感じなのです。アトリエの写真が展示されてます。
森に囲まれた仕事場、ステキ過ぎるぅ~。

期間は3月20日まで、福岡市博物館。

ちょこっと辛口のコメントさせてもらえるとしたら、展示物の多くはデパートや雑貨屋さんで販売してるものが多い。
なので、見慣た感があります。この展示会場でしか、見ることが出来ないものとか、デザインの過程などが見たかったですね。

category: お出かけ

tb: 0   cm: 0